楽しみの持ち方

意外とこの冬の寒さ余裕やなと思ってアウターを買い逃すタイプの人間です。
私です。PANDAILLBURNINGです。

もう今年終わっちゃいますね。
予想以上に色々あって辛かったなぁ。
厄年って恐ろしいなと思いました。御守りは大事。

いやしかし、我慢の一年でしたね。
音源も少なからず作れたし、仕事の方も何と無くこなせましたけどグーンと得るものはなかったというか。
今流行りのポケモンでいうとタマゴ孵化作業的な感じでした。厳選期間。
地味だけど、数年後にはこの歳の経験が活きてくる時が必ず。

今年、思い切ったことは出来なかった分、来年は少し弾けようとおもいます。

予定していることとして、少し書いておきます。

・深夜高速少年のEPリリース
6割できました。来年4月までにリリース予定。
今までの僕っぽくはないですね。hook超歌ってます。

・引越し
1月から家探そうと思います。
大森の住みやすさハンパないんで、そこら辺に収まりそうですけどね。

・TMU的な何か再始動
IVIAL先生にはまだ相談してないけど、ちょっとこういう形で良いんじゃねぇかな?構想はできたので。

・自分のデモを作る
僕のソロのみの曲を作りたいなって思ってます。
ネットにはビートジャックモノ、公には僕のトラックオンリーのものが出来たらなと思ってます。5曲ぐらいでね。

なんでビートジャックかっていうとね。
全然USモノ聴かないんですけど、僕のラップはUSのトラックの方が合いやすいらしい。
音雲でもそっちのほうが伸びてるし、そういうことなんだと思います。


幾つか書きましたけど、例年に比べて不安より楽しいことのが多いですね。素晴らしさ。

では、もっと寒くなった頃に今年の10曲とかまとめようかな。苦手なんやけどね。
スポンサーサイト

アルテード。

アルコールよりもある程度で満足しちゃうと先がないなと思います。PANDAILLBURNINGです。
でも、僕はある程度でいいです。そんな感じ。YOYO!

そうそう。
そろそろ、ポケモンでるやん?
久々に流行に乗って買ってみようと思うねん!
買ったらブラック・ホワイト以来となるんです!

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータも欲しいよね!
修学旅行とか合宿とかにオオウケだと思います!

桃鉄も出るし、年末クソアツイですね!!!!!


はい。


ほんとどうでもいい人にはどうでもいいと思うんですけど、
女性アイドルの楽曲に男の人のハモりとかコーラスっていります???
そら音的にはいい感じになると思うんですけど!



こたつで寝る季節が始まりました。
こんな大人にならないでくださいね。

そこそこのマイク買いました。

寒いですね。また凍える生活が始まりまるか考えると……( 一一)PANDAILLBURNINGです。

タイトル通り、先日そこそこのマイク買ったんです!

ちなみに前までつかってたやつは
前まで使ってた機材1
前まで使ってた機材2
↑の過去記事から見ていただければと思います。

自分でもびっくりしたけど7年ぶりぐらいに買い替えたっぽい。
前のもまだ使えるんだけどね。誰かにあげようかしら、汚いけど……。


今回、どのマイクに買い替えたかといいますと、
オーディオテクニカのAT2020USB+
にしました。

m1
公式サイト

名前の通り、ケーブルの端子がUSBになっています。

m6
左がPCにぶっさす用、右がマイクにぶっさす用

そして、他のマイクと結構変わっているところがマイクにヘッドホンをぶっさすというところ。
マイクがインターフェース替わりになってると思っていただければおわかりいただけるかと。

ヘッドホンはここマイクの後ろからぶっさせます。
m3

モニターの音量はマイクの表側でで調整できます。
m2

m5

セッティングするとこうなります。
m7
オーディオ機器あるあるの青いLEDが光ります。


使ってみての感想ですが、音質はそこそこ。
コンデンサマイクほど透き通る感じはなく、どちらかというとダイナミックで録音する音に近いですね。
かなりコンパクトなので持ち運びをよくする人でダイナミックマイクの音が好きな人にはいいと思います。
ただ、本格的に!高音質に!って方にはオススメできないです。カスタマイズというか融通がきかないので。

実際、音を聴かなわからへん!という方には試しにこのマイクを使い、録った曲が↓ですので参考になれば!



んでは、みなさん体調には気をつけてな!

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

FC2カウンター

プロフィール

パンダ

Author:パンダ
PANDAILLBURNING a.k.a 半田

働きつつ、ラッパー↓らしいことを行っています。

https://soundcloud.com/atrs-no-mikoto
↑音源

https://twitter.com/pandaillburning
↑Twitter

Twitterのほうが活きがいいので、できればそっち見てください。


お気に入りに追加



最新の記事