パンダのひま~な気まぐれブログ

ひま~な時に更新するブログです。 お題も不定期に変わりますのでご了承を・・・

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PANDAILLBURNING

Author:PANDAILLBURNING
PANDAILLBURNING(ぱんだいるばーにんぐ)

働きつつ、ラッパー↓らしいことを行っています。

https://soundcloud.com/atrs-no-mikoto
↑音源

https://twitter.com/pandaillburning
↑Twitter

Twitterのほうが活きがいいので、できればそっち見てください。




2016/11/04(金) 02:08
音楽
寒いですね。また凍える生活が始まりまるか考えると……( 一一)PANDAILLBURNINGです。

タイトル通り、先日そこそこのマイク買ったんです!

ちなみに前までつかってたやつは
前まで使ってた機材1
前まで使ってた機材2
↑の過去記事から見ていただければと思います。

自分でもびっくりしたけど7年ぶりぐらいに買い替えたっぽい。
前のもまだ使えるんだけどね。誰かにあげようかしら、汚いけど……。


今回、どのマイクに買い替えたかといいますと、
オーディオテクニカのAT2020USB+
にしました。

m1
公式サイト

名前の通り、ケーブルの端子がUSBになっています。

m6
左がPCにぶっさす用、右がマイクにぶっさす用

そして、他のマイクと結構変わっているところがマイクにヘッドホンをぶっさすというところ。
マイクがインターフェース替わりになってると思っていただければおわかりいただけるかと。

ヘッドホンはここマイクの後ろからぶっさせます。
m3

モニターの音量はマイクの表側でで調整できます。
m2

m5

セッティングするとこうなります。
m7
オーディオ機器あるあるの青いLEDが光ります。


使ってみての感想ですが、音質はそこそこ。
コンデンサマイクほど透き通る感じはなく、どちらかというとダイナミックで録音する音に近いですね。
かなりコンパクトなので持ち運びをよくする人でダイナミックマイクの音が好きな人にはいいと思います。
ただ、本格的に!高音質に!って方にはオススメできないです。カスタマイズというか融通がきかないので。

実際、音を聴かなわからへん!という方には試しにこのマイクを使い、録った曲が↓ですので参考になれば!



んでは、みなさん体調には気をつけてな!
関連記事
コメント:0
アルテード。 ぶらうんかん
   
コメント一覧
   
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する