陸 

高知の気候に適応したことがないPANDAILLBURNINGです。
実家に帰省すると風邪ひいちまうんだよなぁ……。

今、ある程度手元にあった歌詞たちを曲に消化してまた書き溜めてるのですが、
みなさん、リリックってどう書いてるんでしょうね。
僕の場合、高校⇒大学⇒社会人と書き方変わっていった感じです。

・高校時代
授業の合間にプリントの裏に書き溜めて、
家に帰ってPCのメモ帳で清書⇒雰囲気に合うトラック探し⇒録音って感じでした。
リリック先行型です。歌詞がありきで曲が作られてました。
当時のニコラップってトラック提供がすんごく多かったんで成り立ってたんだと思います。

リリック先行型って何がいいかっていうとテーマがハッキリするんですよね。
書きたいことを書いている感じなんで言葉が直接的で面白い。
当時僕が面白いって言われていた理由はここにあると思います。



・大学時代
高校よりも時間に追われなくなったんで一曲、一曲に時間をかけるようになりました。
トラック先行型に移行しました。
正直、ソロとしてこの点は僕には合わなかったなぁと今では思います。
TMUとしては良かったんですけどね。
言いたいことが雰囲気に飲まれてしまう感じがどことなく出てしまって。

ただ、言いたいことと雰囲気がバチっとはまったときは面白い感じに仕上がるんです。
自論放浪者はその例かなと。





・社会人時代←イマココ
時間の制約が付いてきたんで一曲、一曲の集中度が上がった感じです。
代わりにペースはガクッと落ちました。すんませんって感じです。
その分、音楽はすんげぇ楽しいです。
音楽の作り方がわかってきたというかテーマ・雰囲気・完成度を意識できてきました。
要するに何が言いたいかというと深夜高速少年は期待しとけってことです!

最初に書いた通り、リリックはもうほんとに書きたいときに書いておく形になりました。
高校の時に近いですかね。リリック先行型。書き溜めておいてあとでトラックを探す or 作る。
多分、僕はこのやり方があっているのかなと。






僕はやってないですけど、他にも
韻から先に書いておく人とか、メロディーから考える人とかいますね。

これからラップ、楽曲作ろうと思っている方の参考になればなぁと思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)