自分を幸せに 

似非土佐弁になりつつあります。PANDAILLBURNINGです。

新曲!?を出しました。



個人的にはよくできたなぁとか思ってます。ビート含め。
興味がありましたら是非!





なーんか僕らしくないこと言っていいですか?当たり前だろってことを。

ラップの魅力的だと思わせるためにはやっぱ方言的なの入れなきゃダメなんだろうなって。
文字だけじゃなく抑揚も。

最近、大阪の人や沖縄の人って人気じゃないですか。
それは特有の訛りが日本語らしさを引き出しているんじゃないかなと思って。
日本語ラップは韻、フロウ、方言だなって。

英語にも方言はあるだろ!って言われそうなんですが、
向こうで方言ってどういう扱いなんですかね?向こうのHIPHOP詳しくないんでなんともいえないのですが。


なんで僕も方言あんま出してこなかったですけど、出してこうと思います。いいよね?
高知のラッパー(東京在住)として生きていこう。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)